コロナワクチンの実態。

新型コロナワクチンは、現在人間の体において治験中であり、2023年5月にワクチンの安全性と有効性が分かります。

現段階では、新型コロナワクチン開発の失敗が明らかになっており、新型コロナワクチン接種は、人間の遺伝子を組み換えるという事実が明らかになっています。

新型コロナワクチンの最新情報をチェックしましょう。

ワクチンとは?従来のワクチンとの比較。

ワクチンとは、病気や風邪の原因となる病原を弱毒化したものです。

このワクチンを接種することによって、病気や風邪に自然感染した時のような免疫(抵抗力)を体内に作ることができます。

病気や風邪に実際にかかる前に、弱いレベルの同病気や同風邪の病原をあらかじめ体内に注入することで体内に免疫(抵抗力)を作っておき、病気や風邪のウィルスや細菌が実際に体内に侵入した時に、免疫が病気や風邪に優位に勝てる。

これを目指しているのがワクチン接種です。

従来のワクチン
方法弱毒/死菌、あるいは、遺伝子でスパイク(トゲトゲ)だけを生成し、刺激剤(アジュバント)を一緒に入れて皮下に注射する。
結果体内のリンパ球が反応して、ワクチン接種後に入ってきたウィルスを排除したり、感染した細胞を殺したりする。

しかし、現在使用されている新型コロナウィルスワクチンは、従来のものとは全く異なるワクチンとなっています。

従来のワクチン新型コロナワクチン
方法弱毒/死菌、あるいは、遺伝子でスパイク(トゲトゲ)だけを生成し、刺激剤(アジュバント)を一緒に入れて皮下に注射する。遺伝子であるDNAやRNAを油の膜で包み、筋肉に注射した結果、リンパで全身に流れる
結果体内のリンパ球が反応して、ワクチン接種後に入ってきたウィルスを排除したり、感染した細胞を殺したりする。ワクチンは人間の遺伝子を組み換え、人間の遺伝子の表面にウィルスの人工スパイク(血栓毒)をつける。そして、半永久的に、人間のDNAは異物を作り続けることになる。
つまり、ワクチンによって組み換えされた人間の遺伝子は、半永久的に人間の免疫器官の攻撃対象となる血栓毒を作り続けることになる。
さらなる結果体内血栓毒を作る遺伝子が全身で産生し、自己免疫的機能障害・血栓症・心筋炎・肺炎・脳血栓を引き起こす遺伝性疾患を持つことになる。副腎や卵巣にも毒が蓄積する。自然免疫が抑制される。

新型コロナワクチンの実態まとめ!現時点で明らかになっている科学的根拠に基づいた知識。

新型コロナワクチンの概要まとめ
  1. 新型コロナワクチンを接種すると、人間の遺伝子組み換えが起こる。
  2. 組み換えられた人間の遺伝子を持つ体は、半永久的に血栓毒を体内のあちこちに作り続ける。
  3. その結果、自己免疫的機能障害・血栓症・心筋炎・肺炎・脳血栓を引き起こす遺伝性疾患が持病となる。(データ有:ワクチン接種者の死亡者の多くが血栓症・くも膜下出血・動脈破裂などの血管の病変)
  4. 副腎や卵巣にも毒が蓄積し、女性は子供を産みにくい体となったり、子どもに影響する。
  5. 自然免疫が抑制され、様々な病気や感染症にかかりやすくなる。
  6. 新型コロナウィルスワクチン接種により死亡者が出ている。
  7. 新型コロナウィルスワクチンは、感染予防にもならない。

【毒の卵巣蓄積が明らかになったネズミの治験】

ネズミを使った治験では、ワクチンは卵巣に蓄積することが分かっている。

また、ワクチンが人間の血中に入った後、10週間ぐらい身体をめぐることも分かった。

これは、ワクチン接種の危険性の証明である。

ネズミの治験で危険性が分かった場合、人間でも起こりうると判断し、人間には使わないのが、医療倫理の基本である。

しかし、新型コロナウィルスワクチンに関しては、倫理に反して人間へのワクチン接種が始まっている。

新型コロナワクチン接種による死亡者情報

新型コロナワクチンの安全性と有効性を証明するための治験が完了していない段階で、世界は私たち人間にワクチン接種を推進しています。

その結果、新型コロナワクチン接種者の死亡が世界で報告されています。

2021年の1年間で、1233人がワクチン接種により死亡しています。

日本の超過死亡者数

日本では、毎年死亡者数をデータ化して記録しています。

毎年の死亡者数を観測することで、1年の平均的な死亡者数を知ることができ、死亡者数が著しく多かった年や、死亡者数が著しく少なかった年などを知ることができます。

このように、死亡者数の異常値を把握することが可能なわけですが、例年よりも死亡者数が多い数値を、超過死亡者数といいます。

超過死亡者数を見てみることで、新型コロナウィルスで死亡した人の概数が分かります。

【新型コロナワクチン接種による死亡者数が明らかになった超過死亡者数データ】

2016年~2020年は、平均的な死者数だった。

2021年の超過死亡者数は、51,614人に激増。

この超過死亡の原因は何なのか?

新型コロナウィルス感染は、2019年に始まっているので、異常な超過死亡は新型コロナウィルス感染によるものではない。

では、2021年に起こった大イベントは何だったのか?

新型コロナウィルスワクチン接種である。

もちろん、超過死亡者数の中には、コロナ禍の生きづらさで自殺した方もいるだろうし、全てがワクチン接種者だとは言い切れないだろう。

しかし、51,614人が例年よりも死亡しているという事実は、明らかにワクチン接種による影響を含むだろうし、今後その事実がデータによって明らかになる。

新型コロナウィルスワクチン接種後の死亡者データ

新型コロナウィルスワクチンを接種すると、およそ接種日の翌日をピークに、死亡者が出ているというデータが出ています。

もちろん、新型コロナウィルスワクチンを接種した全員が死亡しているわけではありませんが、新型コロナウィルスワクチンの安全性を立証するには程遠いほどの死亡者数です。

新型コロナウィルスワクチンの無効性を証明するデータ

新型コロナウィルスワクチンは、

  1. 新型コロナウィルス感染を予防するため
  2. 新型コロナウィルス感染時の症状を弱くするため

という理由で推進されていますが、新型コロナウィルスワクチンの無効性が次々と明らかにされています

新型コロナウィルスワクチンの無効性1:ブレイクスルー感染が起こっている。

新型コロナウィルスワクチンは、感染を予防するために推進されています。

しかし、ブレイクスルー感染が実際に起こっているという事実があります。

(ブレイクスルー感染:2回目の新型コロナウィルスワクチン接種を受けてから2週間後以降に、新型コロナウィルスに感染すること)

石垣島でも、2021年10月に、福祉施設で12人、家庭内で3人の計15人が新型コロナウィルスに感染したことがありました。

この時にワクチンを接種していなかったのは、たったの3人だけ。

つまり、12人の方がワクチンを打ったにもかかわらず、ブレイクスルー感染しているのです。

15人中、12人のワクチン接種者が新型コロナウィルスに感染しているという事実は、新型コロナウィルスワクチンの無効性を証明しています。

新型コロナウィルスワクチンの無効性2:ワクチンの有効率は、0.7%。

新型コロナウィルスのワクチンは、有効率が90%を超えていると報告されています。

しかし、ファイザー社の有効率を出す計算に疑問を持ち、計算し直したところ、ワクチンの有効率は0.7%でした。

世に流れている「結論だけの情報」を全て鵜呑みにしてしまうと、間違った認識をしてしまうことがあります。

結論を聞き入れる前に、「何がどうしてその結論が出たのか?」ということを考えることも大切です。

新型コロナウィルスワクチンの危険性を証明するデータ

新型コロナウィルスワクチンは、無効性が証明されてきていることに加え、危険性を証明する事象が世界各地で起こっています。

新型コロナウィルスワクチンは、大変危険なワクチンです。

新型コロナウィルスワクチンの危険性の証明1:後遺症に悩んでいる方がいる。

ワクチンを接種すると、副反応が出るだけでなく、後遺症が出ることもあります。

ワクチンによる後遺症に悩まされ、健康を取り戻そうとしている方もいらっしゃいます。

他にも、SNSなどで「ワクチン後遺症」と向き合う日々を過ごしている方の様子が、たくさん公開されています。

実際にワクチンを接種した方の経験談に耳を傾けることも大切です。

新型コロナウィルスワクチンの危険性の証明2:副反応の数値が異常すぎる。

ワクチンを接種すると、多少の副反応は出るのが普通という認識があります。

しかし、新型コロナウィルスワクチンとインフルエンザワクチンの副反応の数値には、雲泥の差が出ていることがデータとして分かっています。

大阪府の泉大津市長が、コロナワクチンとインフルエンザワクチンの副反応の違いを分かりやすくまとめています。

新型コロナウイルス感染症に関する市長メッセージ(R3.8.10) – YouTube

上記資料によると、例えば、発熱が37.5度以上出たワクチン接種による副反応の数を見てみると、

  • ファイザー社ワクチン接種による発熱は、インフルエンザワクチンの10倍以上
  • モデルナ社のワクチン接種による発熱は、およそ26倍

であることが分かります。

通常、私たちの体が37.5度以上の熱を出す時は、体内にウィルスや細菌などの良からぬものが入った時です。

新型コロナワクチンの副反応の数値が、インフルエンザワクチンに比べてこれほど高いことは、新型コロナウィルスワクチンの危険性を証明しています。

新型コロナウィルスワクチンの危険性の証明3:ワクチン接種後に、赤ちゃんの様子が急変し、変わった容姿で生まれている。

妊娠後期に新型コロナウィルスのワクチンを接種したお母さん。

そのお義母さんが、変わった容姿を持って生まれたお孫さんとご対面し、複雑な気持ちを語っていたことが、とあるブログで語られています。

真実⑨生命のシステム | 全ては良き方向へ向かう (ameblo.jp)

もしもワクチンに何か問題があるのだとすれば、被害を被るのは自分1人だけではない可能性があります。

ワクチン接種は、今の時点ではとても危険です。

新型コロナウィルスワクチンの危険性の証明4:その他

新型コロナウィルスのワクチン接種の危険性について、まとめられているものをご紹介します。

【新型コロナウィルスのワクチンが危険な理由】

  • 遺伝子ワクチンなので、自分の細胞表面にウィルスの一部分を保有するため、卵巣、脾臓、副腎、血管、神経、肺、心臓、脳を自分で攻撃する自己免疫病になる可能性がある。
  • コロナウィルスに抗体を持つようになると、コロナウィルスにかかりやすくなる。
  • 猫の実験では、多くの猫がADE(ウィルス粒子の複製)のために死亡している。
  • 不妊・流産を起こす可能性がある。
  • ファイザー社の文書によれば、ワクチン接種者はスパイクタンパクを体外に分泌し、他者に副作用を起こさせる可能性があると指摘されている。

参考元:コロナワクチンが危険な理由 (まずはこの記事を読んでください。 重要な事項はここにまとめています。)|荒川央 (あらかわ ひろし)|note

新型コロナウィルスワクチン接種は強制ではない。打たせることも犯罪に。

新型コロナワクチンの接種は、「強制ではない」と、厚生労働省が名言しています。

新型コロナワクチンの接種は、国民の皆さまに浮けていただくようお勧めしていますが、接種を受けることは強制ではありません。

新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)|厚生労働省 (mhlw.go.jp)

今までは、ワクチン接種推進の動きが主流でした。

理由は、下記がメインのようです。

  • 新型コロナウィルスがただの風邪だと知らなかったので、感染を極端に恐れてしまったから。
  • 新型コロナウィルスワクチンが安全だと、国会議員や政府、新聞やTV、医者が推進しているので、安全なものだと思い込んでしまったから。
  • 新型コロナウィルスワクチンの接種が主流な動きだったので、断り切れなかったから。
  • 新型コロナウィルスワクチンの接種が、必要ないと分かっていても、仕事や収入に影響するので、打たざるを得なかったから。

新型コロナウィルスワクチンの接種は、必要ありません。

新型コロナウィルスワクチンを接種することで、遺伝子が組み換えられてしまいます。

新型コロナウィルスワクチンを子どもへ打たせることは、医療犯罪として今後確実に歴史に明記されます。

今、世界中でワクチンに関する訴訟が起こっています。

新型コロナウィルスワクチンの実態に気づいている医師や議員、国民は、ワクチンに反対しています。

海外ではワクチン接種を拒否する動きが既に強いです。

新型コロナウィルスワクチンは、接種してはいけません。

そして、これ以上推進してもいけません。

詳しくは、感染症とワクチンの医学博士:井上正康先生の講演会をご覧ください。